中性脂肪について

///

///

中性脂肪とは

中性脂肪

中性脂肪とは、余分に摂取された炭水化物や糖分・脂肪分が体内に蓄積されてできた脂肪のことを指します。

 

中性脂肪の働きは、体温を一定に保つ働きをするほか、外部からの衝撃から体内の臓器を守るクッションの役割もしております。

 

また、体を動かすエネルギー源としても働き、体に必要不可欠な栄養素ではありますが、炭水化物やアルコールの過剰に取りすぎるとより増加し、皮下脂肪として蓄積され、肥満の原因になります。

 

中性脂肪は体内にエネルギーを貯めておくための形態であり、皮下脂肪の大半は中性脂肪とはります。

 

中性脂肪が内臓に付着すると、様々な臓器の障害を引き起こすことがあります。

 

中性脂肪は、食べ過ぎによる過剰な摂取による余分な糖質から肝臓で作られ、また、アルコールの摂取でも、中性脂肪の合成は促進されます。

 

飲酒する人は、つまみを多く取るため、そしてつまみには脂っこいものが多く、中性脂肪を蓄積するには好条件になっています。

 

よく食べ、よくお酒を飲む人は、摂取した分、消費することにも注意し、バランスよく食べ、適度な運動をするよう心がけないと、中性脂肪の貯蔵庫となる恐れがあります。

 

高齢になると特に中性脂肪が蓄積されやすくなるので、男性は30代、女性は40代を過ぎると、気をつけなければなりません。

 

中性脂肪は、一度過剰に蓄積されると、それを消費するには、かなりの労力が必要となります。その為、できるだけ余分には貯めこまないようにすることが大切です。


中性脂肪の恐さ

中性脂肪とは、血液中の脂質と呼ばれるものの一つで、人間が生きていく上で欠かせない物質です。

 

そして中性脂肪は、エネルギー源となって体温を一定に保ち、内臓を外部の衝撃から守ると言う点で重要な仕事をしており、適度な数で存在している必要があります。

 

しかし、中性脂肪が異常に増えた場合、肥満の要因となり、生活習慣病の原因にもなります。

 

中性脂肪が多くなると、善玉コレステロールを減少させ、その結果、悪玉コレステロールを増やし、超悪玉コレステロールに変化させることになります。

 

中性脂肪が多い状態が続くと、コレステロールが血管壁に沈着して粥状動脈硬化を引き起こすと共に、血液を固まりやすくする作用も働きます。

 

中性脂肪が増大すると、高脂血症・糖尿病・喫煙・過度の飲酒・ストレスなどの危険因子を併せ持つことにより、脳梗塞や心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などを併発し、場合によっては死に至ることがあります。

 

中性脂肪値が高い点以外は、これと言った自覚症状があるわけではなく、気づかないうちに病気が進行している場合が多いようです。

 

しかし、日本の死因の上位を占める、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こすことを考えると、結果として命を落とすことにもなりかねないです。

 

中性脂肪値が高い状態は、決して軽視してするべきではなく専門家などに相談しましょう。