中性脂肪がもたらす病気とは

///

///

中性脂肪がもたらす病気

中性脂肪,病気

 

中性脂肪が増えすぎたからと言って、それ自体がすぐに何かの病気を引き起こすと言うことではなく、ついつい見過ごしがちですが、過剰な状態が続くことで色々なな病気の要因となります。

 

中性脂肪が必要以上に蓄積されると、肥満症になり、高血圧や糖尿病、高脂血症の原因となります。

 

中性脂肪値が高いと、急性膵炎を発症することも多く、ショック症状を示すケースでは死亡することもあるので注意が必要です。

 

中性脂肪は、善玉コレステロールを減らし、結果として、悪玉コレステロールを増やすことから血液はドロドロの状態に陥り、やがて動脈硬化を引き起こします。

 

中性脂肪が多いと、血液中に溶けている脂質の量が必要以上に増加して、高脂血症を引き起こし、長引くと狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気の要因となります。

 

中性脂肪が異常に肝臓に蓄積された状態が脂肪肝で、肝臓の肥満と言われてます。

 

中性脂肪は肝臓で合成されて血液中に放出されますが、合成と放出のバランスがくずれ、過剰に肝臓に貯まった状態が脂肪肝です。

 

自覚症状はなく、放置すると肝硬変になることもあり、生活に支障をきたすだけではなく、生命に関わることもあるので、早期に処置することが望まれます。

 

このように、中性脂肪が過多な状態は、体に悪影響を及ぼすことが殆どです。