中性脂肪を減らす運動治療法とは

///

///

中性脂肪を減らす運動療法

中性脂肪,運動治療法.運動法

 

中性脂肪は余分な糖分などが体脂肪として貯蔵されたもので、運動で消費することは非常に大切です。中性脂肪を減らすには、有酸素運動が有効です。

 

運動では、筋肉中のグリコーゲン、糖質、脂肪の順に消費されて行き、脂肪が消費され始めるのは運動を始めてから20〜30分後になるので、短時間の無酸素運動では、中性脂肪を消費するまでには至りません。

 

ウォーキング・ジョギング・水泳・サイクリングなどを時間をかけて行うことにより、脂肪を燃焼させ、中性脂肪を減らすことができます。中性脂肪を消費する目安として、1kg痩せるためにはウォーキング(毎分100m程度)30〜40分、ジョギング(毎分120m程度)30〜40分、水泳30〜50分、サイクリング40〜60分くらいが基準になります。

 

また、適度な運動を行うことにより、カテコラミンが上昇し内臓脂肪を分解してインシュリン濃度が低下して脂肪の分解を促進させ、筋肉組織でLPL活性があがってエネルギーを供給する、脂肪組織でLPL活性が低下し脂肪蓄積を抑制するなどの効果があり、中性脂肪を減少させる事につながります。

 

運動する時間を、血中を中性脂肪が流れている、食後1時間くらいの時間帯に設定するのも、中性脂肪を消費するのには有効的です。

 

運動の義務感が、逆にストレスとなることもあるので、できる気軽に毎日できるような範囲の軽い運動から始めることが、中性脂肪の運動療法としては最適です。