中性脂肪とコレステロールとの関係について

///

///

中性脂肪とコレステロール

中性脂肪,コレステロール

中性脂肪は、蓄積されると体脂肪の元となります。

 

中性脂肪と同じ脂質の一つで、血液中を中性脂肪と一緒に運ぶのがコレステロールです。

 

中性脂肪もコレステロールも、体に貯まり過ぎると高脂血症を発症し、体の害になる点では同じですが、その役割は異なったものがあります。

 

中性脂肪には、体温を逃がさない、人間の臓器を固定し安定させる、衝撃緩和材として外からの衝撃から体を守る、などの働きがあります。

 

体内の余分な脂質・糖質・たんぱく質は、中性脂肪となって必要に応じて脂肪酸となり、エネルギーとして代用されるため、エネルギー貯蔵庫としての働きもあります。

 

コレステロールは、細胞の膜を作る原料となり、副腎皮質ホルモンと性ホルモンの原料、胆汁酸の原料とり、中性脂肪とはその役割が違います。

 

コレステロールの中でも、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLは、細胞膜やホルモンの原料となり、生きていくために必要不可欠なものですが、増え過ぎた場合は、中性脂肪と同様に動脈硬化の原因となります。

 

中性脂肪とコレステロールが血液中で多くなると、高脂血症となり、動脈硬化を促進すると共に、糖尿病・高尿酸血症・膵炎などを併発し、結果として狭心症や心筋梗塞等を発症することにもなってしまいます。

 

健康診断等でそれらの数値に異常が見られた時は、できるだけ早く、改善に努めるよう努力したほうがよいでしょう