中性脂肪の改善方法について

///

///

中性脂肪の改善

中性脂肪,改善

 

中性脂肪とは、本来、体にエネルギーを貯める役割があり、糖質の2倍のエネルギーを持つとされ、糖質が不足した時に体を動かすエネルギーとなります。

 

中性脂肪は、体に必要不可欠のものであり、少な過ぎると不健康でもあり、逆に多すぎる体に悪影響を及し、過多と指摘された場合は改善する必要があります。

 

中性脂肪を適度に保つには、まず食事の改善が重要です。

 

食べ過ぎに注意して、バランスの良い食事をとることが大切で、油物や肉を控えめにして魚を中心に食べ、野菜を多くとるようにすると、中性脂肪の改善には大変効果があります。

 

食生活が欧米型になってきている昨今、全く肉を食べないと言うことは難しいですが、脂分の多い牛肉を避けて豚肉や鶏肉を使い、特に鶏肉のササミなどの脂肪分の少ない食材を多く使うことが、中性脂肪の改善に役立つことになります。

 

野菜や魚には、食物繊維やエイコサペンタエン酸と言った、中性脂肪を低下させたり、吸着して一緒に排泄する成分が含まれているものがあるので、肉類と一緒にとることでバランスよい食事になります。

 

また、適度な運動で余分な脂肪などを消費することにも心がけ、散歩や体操などの軽い運動から始め、水泳やジョギングなど、肉体的にも精神的にも、日常に負担にならない程度の運動を心がけることも、中性脂肪の改善法としては有効です。

 

中性脂肪値は、食事や運動と言った日常生活の見直しにより、改善することができます。