中性脂肪と糖尿病の関係について

///

///

中性脂肪と糖尿病

中性脂肪,糖尿病

中性脂肪は人間の体に必要なものですが、取りすぎるとと重大な疾患を引き起こすことになります。

 

中性脂肪が必要以上に過剰に蓄積されると、糖尿病を発症する可能性が高くなる言われています。

 

中性脂肪は肝臓で合成され、食べ物の摂取により血中のブドウ糖が増加すると、膵臓からインシュリンが分泌されてブドウ糖を分解しますが、食べ過ぎによって血中のブドウ糖が増加し、インシュリンの分泌量も増加しはじめます。

 

インシュリンは、中性脂肪の合成を促進する働きがあり、中性脂肪が増え一定量を超えると、中性脂肪も増え続ける悪循環となります。

 

中性脂肪が分解されてできる遊離脂肪酸は、インシュリンの働きを妨げる作用があり、結果として血糖値が下がりにくくなり、また糖尿病を引き起こす原因となります。

 

糖尿病は、網膜症や腎症、神経障害、壊疽などの特有な合併症を引き起こし、日常生活に支障をきたすこともあります。

 

動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患や、脳梗塞、脳出血などの脳血管性疾患を発症しやすくしてしまいます。

 

生命を脅かすこともあるため、中性脂肪のコントロールには、十分注意してください。

 

いったん糖尿病にかかると、食事療法や運動療法、薬物療法を併用しながらの治療が必要で、なかなか完全治癒させることは難しくあります。

 

生活習慣病であることからすれば、再発の可能性もあり、中性脂肪値に留意しながら発症しないように生活することが重要です。